ワンコにとって「猛毒」の食べ物

今回ご紹介するのは、ワンコにあげてはいけない10の食品。
愛犬家の方には常識なのかもしれませんが、もういちど確認の意味をこめてご一読を。
これからワンコを飼おうと思っている方や友人のワンコとよく遊ぶ方は、ぜひこれをブックマークしておいて。

1. アボカド
人間にとっては栄養豊富な健康食。
「森のバター」と異名を取るこってり感も魅力のみんな大好きアボカドですが、犬にとっては毒物。
たったひとくちでも、下痢やおう吐、腹痛などに苦しむ場合があるんですって。

2. ブドウ
ブドウ(見落としがちだけどレーズンも)は、急性腎不全を起こす原因に。
決してあげないで…そのクッキーにレーズン、入っていませんか?

3. カフェインの入った飲みもの(コーヒーや紅茶など)
コーヒーや紅茶など、カフェインの入った飲み物を与えるのはNG。
興奮を与える「刺激物」であるカフェインが、犬の中枢神経系や心臓に影響をおよぼす可能性大なのです。
中毒状態になると、嘔吐、酷い場合は死に至る可能性も。

4. マカデミアナッツ
マカデミアナッツも犬には有毒。筋肉に痛みを伴ったり、あるいは腫れてしまって、自力で動くことが困難に。
足取りがおぼつかなくなるほか、嘔吐や精神的な落ち込みなどをも引き起こす可能性があるのだそう。

5. 乳製品
ごく少量のチーズやヨーグルトならば問題はありません。
しかし牛乳やアイスクリームは、過度のガスや下痢を引き起こす可能性が。
これは、およそ50%の犬は乳糖(牛乳の甘味成分)に過敏である、という点が主な理由のよう。
人間でも同様の理由で牛乳を飲めない体質の方がいますが、犬の場合はその確率が格段に高いということですね。

6. ニンニク・玉ねぎ
愛犬家の方には常識かもしれませんが、もう一度おさらいを。
ニンニクと玉ねぎに含まれる「ジスルフィド」「スルフォキシド」、これらの物質はワンコの赤血球を破壊し、結果的に重い貧血を引き起こします。
しかもその症状が現れるのは摂取した3~4日後。
「動くのを嫌がる」「軽い運動しかしていないにもかかわらず疲れているようにみえる」という表れ方になるそうです。

7. 生の肉や魚、卵
これらには、食中毒を引き起こす原因となるバクテリアが含まれています。
特にサーモンなど特定の魚には、寄生虫が含まれている場合も。
摂取してから2週間で命を落とすといった危険性もあるため、与えないよう注意して。

8. アルコール
アルコールも、犬には有毒。嘔吐・下痢・中枢神経系の落ち込み・コンディションの悪化などが起こり得るらしく、酷い場合は震え、あるいはこん睡状態に陥り、死に至ることもあるのだとか。

9. キシリトール
飴やガムなどに含まれるキシリトールは、低血糖・発作・肝不全などを引き起こす恐れがあり、場合によっては死に至る可能性も。
ごく少量でも症状を引き起こすため、注意が必要。フレンチブルドッグ専門店
10. チョコレート
より苦みのあるダークチョコになればなるほど含まれる「テオブロミン」という成分、これが犬にとって猛毒。
その致死量は犬の大きさによって異なるため、もし食べてしまった場合はすぐ、かかりつけの獣医さんに連絡しましょう。

ワンコが喜ぶと思ってあげたものが、ワンコを傷つけてしまうなんて、悲しすぎます。
そんなことに絶対にならないように、上記10品を、どうかどうか、覚えておいてくださいね。
ドッグフード

新江ノ島水族館

ホルモン鍋

パグ
柴犬
スポンサーサイト

動物の糖尿病について

糖尿病は、初期には症状がなく進行してから初めて気づくことが多い病気です。
症状は人間と似ています。多飲多尿、過食です。
多く食事をとっているにも関わらず体重が減ってきているときは、要注意です。
その原因は、過食や運動不足による肥満や遺伝などで、血糖値をコントロールするホルモンの分泌が不足したり作用しなくなることから糖尿病は起こります。

通常だとすい臓から分泌されるインスリンには食後、体内の糖を砂糖に取り込む指令をだす働きがありますが、糖尿病にかかるとそれが機能しなくなり、血液中の糖の異常に増えた状態が続き、体にさまざまな障害が出てくるのです。
病院での治療方法は、カロリーを制限する食事管理やインスリン注射が主です。
そうなる前に、日頃から用心すべき一番大切なことは、食べ過ぎないことです。
腹もちの良い食事にしてあげましょう。

まず、体内の老廃物を吸着して排泄を促す食物繊維は必須です。
あとは、カロリーコントロールしやすい低脂肪・良質なたんぱく質を含む食材を多く使ってください。
そして、毎日の手ごろな運動もさせてあげてください。

動物性脂肪の弊害を省き、魚脂肪の利点を生かすことは愛犬の健康そして長生きするために、とても効果的です。
動物には体温があり、植物や魚には体温がありません。
動物性脂肪が体内に取り込まれると、脂肪を溶かすにはその動物の体温以上の温度が必要となり、すべての動物性脂肪が溶解してくれません。
その為、血中にコレステロールができ、循環器系にダメージをうけます。

一方、植物性脂肪や魚脂肪は、対内に取り入れてもコレステロールは形成されず、血液もさらさらの状態を保ってくれます。
このドライフードに含まれているビタミンB1は、糖質をエネルギーとして活用するのを助け、B2には脂質などのエネルギー代謝を促進する働きがあります。
新江ノ島水族館
フレンチブルドッグ

ドッグフード

柴犬


theme : ★★フレンチブルドック★★
genre : ペット

塩分は悪者なのか?

今回は、「塩分」についてお話させて頂きます。
細かくいうと、塩分とはミネラルのことで、このミネラルのひとつにマグネシウムがあるわけですが、ドッグフードのマグネシウムの含有量は、AFFCO基準に沿っており、0.04%~0.3%となっております。
ただ魚のアジを原材料をしているせいか、ドライを味見してみたときに「しょっぱい!」という感想が多く、それで「塩分が多すぎないか?」と懸念される方が多いのも事実です。

そもそも、「塩分をペットに与えてはいけない」という考えだったり、「塩分が多いと腎臓に負担がかかる」といった考え自体が誤解です。
十分なお水をとっていれば塩分は排泄され、体内に残りません。
(勿論、腎臓病でナトリウムのの排泄がうまく機能されていない場合や獣医からのドクターストップがかかっているような病気の場合は除きます)
むしろ、塩分を控えすぎて活力のない犬をよく見かけます。
適度な塩分を与えることによって体がシャキっとして元気を取り戻すケースも多いのです。

塩分は非常に大事です。療法食でも塩分は入っています。
また、塩分は身体で作ることができません。
外から摂取しないとならないものなのです。
また塩がないと体液のバランスがとれなくなります。
サラリーマンの「サラリー」とは、ギリシャ語で「塩」を意味するってご存知でしたか?
それほど塩とは大事なものなのです。

尿路結石はマグネシウムも気になるポイントではありますが、それよりも私が常日頃から思っているとっていただきたい対策は

◆ちゃんとした利尿が行えるような食事の与え方をしてほしい
◆そのためには、与える時はドライを十分にふやかして与えてほしい
◆ひごろから水分を多くとる工夫をしていってほしい

ということです。
尿路結石は、利尿が十分に行われていれば、よほどでない限り起こりづらいかと思われます。

水分がたくさん含まれているほうがより自然に近い、本来の食べ物であるわけです。
よって、ドライフードにひと工夫・ひと手間をかけてみてください。
ドライフードにぬるま湯をひたる程度加え、15分くらいかけて芯までふやかしましょう。
毎日食べるお米も1合がお茶碗2杯分になります。
ドライフードもと同じように約2倍くらいの量になります。
新江ノ島水族館
合コン

デート
プレミアムドッグフード専門店 POCHI(ポチの幸せ)
フレンチブルドッグ

柴犬

theme : ★★フレンチブルドック★★
genre : ペット

マ・ン・プ・クのサイン

ワンちゃん、ニャンちゃんに食事を与える時の悩みの一つ。
「あぁ~お腹いっぱい!」と答えてくれるわけではないので、一体どれだけ与えればよいのかわからないのが飼い主の正直な気持ちでしょう。
ペットフードのパッケージ表記「体重別給餌(きゅうじ)量」を参考にしている方がほとんどだと思います。
この給餌量は、200種類以上のペットにすべて当てはめるには無理があります。
種類別や性別、年齢、個体差、季節により様々に変化してきます。
フレンチブルドッグ
皆様の食事もそうでしょう。
少食の人もあれば大食いの人もあり、いつも一定量を食べている人は誰もいないでしょう。
あくまでも「体重別給餌量」は目安でしかありません。
では、どれだけ食べさせればペットが満足してくれるのでしょうか?
食べ終わった後のペットをよく観察してください。

1.食器をなめまわしたりはいませんか?
2.横腹が少し張った状態ですか?
3.下腹がたるんでいませんか?
4.皆さんが食事を始めたら欲しがっていませんか?
5.落ち着きがなく、食事場所の匂いを嗅ぎまわっていませんか?
ドッグフード
こんな行動の時は満足していません。
皆さんもお腹がすけばイライラしてきませんか?ペットも全く一緒なのです。
ではいったい、満腹量はどういった状態をさすのでしょうか?
実はチェックの仕方は簡単です。
食べ終わった後、横腹や下腹が張った状態。
これが満腹量です。機会があったら、普段の横腹や下腹の状態、食べている間の状態、食べ終わった頃の状態をそれぞれチェックしてみてください。
その感覚がつかめるはずです。
柴犬

狂犬病について  ~o----oU・ェ・Uヾ(・・*)ナデナデ゛♪

■狂犬病の予防接種はどうして必要なの?■
新江ノ島水族館
狂犬病は、ほとんどの哺乳類(人間も含みます)に感染し、いったん発症すると治療方法がなく、ほぼ100%死に至ってしまう恐ろしい病気です。
そのため、なによりも予防が重要な病気と言えるでしょう。
現在でも世界の国々では、毎年5万人以上もの人々が狂犬病で亡くなっているのです。
日本では1957年を最後に、56年間どうぶつが狂犬病を発生した例はありませんが狂犬病が万が一入ってきた時の為に、予防を行うことが必要となります。
柴犬
■隣国台湾で52年ぶりに狂犬病発生■
デート
今年7月に台湾で狂犬病が、52年ぶりに発生したのはご存知でしょうか?
ワンちゃんではなく、イタチアナグマというイタチの仲間で狂犬病の発症が確認されました。
日本と同じ島国の台湾で、狂犬病が発生してしまったことを考えると日本もいつ狂犬病が出てもおかしくないのかもしれません。
ラブ
■正しい知識を持とう!~世界狂犬病予防デー~■
フレンチブルドッグ
今月は、狂犬病のことをみなさんに知ってもらうための「世界狂犬病デー」があります。
狂犬病ワクチンを開発したフランスのパスツールの命日である9月28日がその日にあたります。
ドッグフード

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
らんきんぐ
 ブログランキングに参加中 blogram投票ボタン にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 犬ブログへ     「ぶひ」っと 「わん」クリ
たんじょ~び
きねんび
ただいまのじこく
めもり~ず
にんげんだったら
ママがわんこだったら
(注)実際は1980年生まれではない それ以前の年数は入力できない
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる