海外市場・東京市場

「円の対ドル相場は小動き」
ユーロ/ドル=1.3461ドル
ユーロ/円=108.33円 
ドル/円=80.48円
豪ドル/ドル=1.0768ドル
 
28日の欧米の外為マーケットでは、ECBによる3年物資金を供給するオペレーションを翌29日に控え、期待感からユーロが堅調でした。去年の12月21日に実施された1回目のオペレーションでは、500の金融機関が4890億ユーロの資金を得ました。2回目となる今回のオペレーションでも同規模の需要があると予想されていて、金融機関や株式相場の安定に寄与するとみられています。ただ、フィッチは、ECBのオペは低格付けの銀行の延命措置にしかならないとの報告書を発表しました。

ユーロ買いが先行しましたが、アイルランドのケニー首相がEUの新条約に関して国民投票を実施すると発表したことで不透明感が強まり、ユーロは上げ幅を縮めました。これより先、S&Pがギリシャの格付けを選択的デフォルトに引き下げたことを受け、ECBはギリシャ債を一時的に適用担保から除外すると発表、これもユーロにネガティブでした。 株式相場が堅調なことなどを受け、ユーロは結局、対ドルで上昇。ユーロは対円でも高く取引されました。

アメリカの経済指標は強弱感が入り混じりました。ケースシラーの12月の20都市住宅価格指数は低下し、2003年1月以来の低水準でした。1月の耐久財受注は大幅に減少しました。反面、民間の調査会社コンファレンス・ボードがまとめた2月の消費者信頼感指数は約1年ぶりの高水準となり、予想より強い内容でした。全体的にリスク選好が強かったのですが、オーストラリアドルの対ドル相場は小動きでした。円の対ドル相場は80円台半ばと前日のニューヨーク取引時間の終値近辺に落ち着きました。

「米株上昇、アップル最高値」 
ダウ 13005(+23ポイント)
ナスダック 2986(+20ポイント) 
S&P500 1372(+4ポイント)
 
28日のニューヨーク株式相場は上昇しました。強めの消費者信頼感指数が好感されました。ダウは、2008年5月以来はじめて節目の1万3000ポイントに乗せて引けました。個別には、サンフランシスコで来週開かれるイベントで4Gに対応したiPad3が発表されるとの報道で、アップルが上場来高値を更新しました。アップルは時価総額(日本円で約40兆円)が大きいため、ナスダックやS&P500 の上げに寄与しました。決算が強かった事務用品小売のオフィスデポオンライン旅行業のプライスライン・ドット・コムが、それぞれ大幅に上昇しました。米国債はやや売りが優勢でした。原油相場は大幅安。金相場は反発しました。








スポンサーサイト

theme : FXで稼ごう!
genre : 株式・投資・マネー

01 | 2012/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
らんきんぐ
 ブログランキングに参加中 blogram投票ボタン にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 犬ブログへ     「ぶひ」っと 「わん」クリ
たんじょ~び
きねんび
ただいまのじこく
めもり~ず
にんげんだったら
ママがわんこだったら
(注)実際は1980年生まれではない それ以前の年数は入力できない
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる